診療科紹介Department introduction

リウマチ科

科の紹介

関節リウマチは、慢性・進行性・全身性の炎症性疾患です。人口の約0.5~1%に発症し、免疫異常によって引き起こされます。発症して初めの2~3年は特に関節破壊の進行が早いため、元に戻れないほど関節が壊れてしまう前に適切に治療することが大切です。
具体的な症状は次のようなものがあります。
・複数の関節の痛みや腫れが毎日続く
・関節の動きが十分できない
など、関節症状が気になったら、迷わず整形外科医やリウマチ専門医をたずねてください。


医師


特徴

客観的評価、血液検査、MRI検査等で早期診断

専門の眼を持った医師・看護師が対応することで、疾患の見逃しが防げます。
当院では、身体所見を点数化して客観的にみる評価法をとり、長く経過観察しなくても短期間で診断が出来やすくなりました。
早期リウマチ診断に特異度の高い血液検査やMRIによる画像診断が早期診断に威力を発揮しています。

3ヶ月毎に薬剤が適正か評価

関節リウマチと診断がつくと、ただちに原因を抑える抗リウマチ薬を開始します。
対症療法である消炎鎮痛剤やステロイドなどだけで痛みを抑えるのでは不十分です。
薬剤については、3ヶ月ごとに使用している薬剤の効果を判定し、無効や効果不十分であれば、薬剤を変更します。
抗リウマチ薬による治療により、リウマチ患者様の50~70%の方々の症状を抑えることができ、生活に支障なく元気にお過ごしいただけます。

生物学的製剤の効果的使用

抗リウマチ薬だけでは十分に症状が抑えられない患者様には、2003年から始まった注射による生物学的製剤が大変有効です。
この治療では約90%の方に高い有効性がみとめられています。
また、この生物学的製剤は関節破壊が起こらないようにでき、かつては夢であった痛んだ関節の修復も期待できるようになりました。
当院では外来にて化学療法室を使用して専任スタッフが治療にあたっており、必要に応じて入院治療も行います。安全な実施のため、一投与ごとに複数の専門スタッフが必ず関わり、効果判定や合併症予防に留意しています。
全国的にもこの治療を行う方は年々増えており、治療離脱が少ないため、治療に通いながらお仕事でもご活躍される方がたくさんいらっしゃいます。

痛んだ関節を再建する人工関節手術

関節リウマチの治療には薬剤だけでなく、手術の役割も大切です。
当院は、整形外科系リウマチ専門病院ならではの強みとして、手術も積極的に行っています。また、手術と薬剤治療を併用した治療体系を構築しています。
手術法は主に2つあります。
①人工関節手術
→痛んだ関節機能を再建する代表的な術式です。これにより、歩行できなかった方が生まれ変わったように歩行できるようになります。
②滑膜切除術
→リウマチの疾患活動性を抑え薬剤の働きを助ける方法です。この手術は、罹患関節内の炎症の源である滑膜を切除し、炎症や疾患の勢いを減らすことが目的です。膝の場合は内視鏡で行うため、傷跡はわずか1cmほどの傷が2か所で済み、その日のうちに歩けます。

チーム医療で患者様のニードに応える

当院では、リウマチ専門医やリウマチケア看護師をはじめ、医師・看護師・薬剤・リハビリテーション技師・放射線技師・社会福祉士など多職種が専門チームとなってリウマチ治療にあたっています。
安心して効果的な治療が行えるようスタッフは最新の知見を研鑽し、情報を共有して患者様を支援します。


各項目をクリックすると診療科詳細ページが表示されます。