病院についてGuide to Hospital

2019年度やわたメディカルセンター病院指標

【集計条件】
・2019年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の退院患者であり5、6階病棟に1回以上入院した患者さんが対象になります。
・入院した後24時間以内に死亡した患者さんは含まれません。
・医療保険適用患者を対象とします。自賠責保険や労災保険等の患者さんは含まれません。
・個人情報保護のため、患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表記しています。

年齢階級別退院患者数

▶︎ファイルをダウンロード

説明

2019年度(2019年4月1日から2020年3月31日)間に一般病棟を退院した患者数を年齢階級別(10歳刻み)に表示しています。退院患者の年齢構成を見ると、その病院の特長をある程度知ることができます。

定義

2019年度に一般病棟を退院した患者数を対象としています。
年齢は、一般病棟に入院した時点のものを使用しています。

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 43 44 81 223 331 549 1033 710 281

特徴

当院は、整形外科、循環器内科、外科、消化器内科を中心に、70歳以上の患者数割合が全体の6割を占めており、加齢に伴う疾患をもった患者さんの割合が多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

▶︎ファイルをダウンロード

説明

各診療科別に症例数の多いDPC14桁分類(DPCコード)について、それぞれの症例数、当院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢について集計しました。
患者用パスは一部をリンク掲載しました。掲載がない場合は空欄となっていますが、当院ではクリニカルパスに力を入れ111件(2020年9月現在)稼動しています。

定義

2019年度に一般病棟を退院した患者数を対象としています。
平均在院日数は入院から退院までの在院日数の平均値です。当院のように、転院せずに急性期病棟と回復期リハビリテーション病棟、急性期病棟と地域包括ケア病棟が連携して治療にあたっている病院は、平均在院日数が長くなります。ここでいう転院とは、最終的な退院先が他の病院・診療所への転院としています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
070230xx97xxxx 膝関節症(変形性を含む)
その他の手術あり
74 4.16 7.50 0.00 66.46
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む)
人工関節再置換術等
73 36.93 23.56 0.00 74.84
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む)
骨穿孔術等
68 42.15 27.40 0.00 66.75
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷
(胸・腰髄損傷を含む)
手術なし 定義副傷病なし
52 37.04 19.40 0.00 82.62
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折
人工骨頭挿入術 肩,股等
52 34.54 25.94 0.00 72.40

特徴

整形外科では、変形性膝関節症などの膝関節の手術実施症例が多くなっています。
「膝関節症(変形性を含む。)人工関節再置換術等」とは、すり減った関節表面を人工物に置き換える手術です。傷んだ部分を新しく置き換えるので痛みなく歩けるように行う手術です。
「膝関節症(変形性を含む。)骨穿孔術等」とは、「高位脛骨骨切り術」を指します。脚の形をO脚からX脚に変える手術で、人工関節を入れるのではなく、ご自分の骨を切って角度を変える手術です。膝関節を温存できるため、術後の日常生活にほとんど制限はありません。
「膝関節症(変形性を含む。)その他の手術あり」とは、「骨穿孔術」で使った金属プレートをはずす手術です。
一般的には整形疾患は手術後のリハビリテーションのために専門病院に転院するケースが多いですが、当院では回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟で一貫した治療を継続します。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患
手術なし 処置等1_1あり
処置2なし 定義副傷病なし
74 2.78 3.01 1.35 73.46 PCI
050130xx99000x 心不全 手術なし
処置1なし 処置2なし
定義副傷病なし
49 19.16 17.71 2.04 86.39
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患
経皮的冠動脈形成術等
処置等1_なし,1,2あり
処置2なし 定義副傷病なし
37 3.84 4.40 0.00 72.19 PCI
050050xx99200x 狭心症,慢性虚血性心疾患
手術なし 処置等1_2あり
処置2なし 定義副傷病なし
36 2.33 3.15 0.00 69.08 PCI
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈
経皮的カテーテル心筋焼灼術
処置2なし
31 4.90 5.02 0.00 61.19

特徴

循環器内科では、心臓の血管に対する検査、治療に力を入れています。
狭心症、陳旧性心筋梗塞のカテーテル検査、経皮的冠動脈形成術の症例が上位を占めています。
2位は心不全に対し、点滴療法や心臓リハビリテーションを行った症例です。心不全の症例に対しても整形外科同様、急性期での治療後に地域包括ケア病棟で心臓リハビリテーションなどを継続し再発防止に努めています。
4位は狭心症に対しカテーテル検査と同時に冠血流予備量比(FFR)測定を行っている症例です。この検査により見た目での解剖学的評価と、狭心症を起こしうる狭窄なのか数値で機能的評価ができます。
5位は不整脈に対し経皮的カテーテル心筋焼灼術を行っている症例です。不整脈を起こす原因となっている異常な電気興奮の発生箇所を焼き切る治療のことです。

外科、消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患
(良性腫瘍を含む)
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
定義副傷病なし
326 2.26 2.63 0.31 64.05
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患
手術なし
39 5.82 7.65 0.00 64.26
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患
(良性腫瘍を含む)
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
定義副傷病あり
32 2.94 3.57 0.00 73.88
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし
処置2なし
27 8.22 8.86 3.70 65.89
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎
限局性腹腔膿瘍手術等
処置2なし 定義副傷病なし
25 9.04 9.79 0.00 73.52

特徴

外科、消化器内科では、大腸ポリープに対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術が1位となっています。
2位は大腸憩室炎などが該当します。大腸にある憩室(消化管の壁にできる袋状のへこみ)に細菌が感染して炎症が起こる疾患で、治療は消化管の安静、抗菌薬点滴などの保存的治療が主となります。
3位は大腸ポリープに対し内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術を行った症例で心疾患等の疾患がある場合です。ご高齢の方で下剤等の前処置が難しいと思われる方には、前もって入院で処置を行い安心して検査を行うことができます。
4位は虚血性腸炎になっており、大腸カメラを使用して検査を行うので、下血の部位の確認だけではなく他の病気(大腸がんなど)がないかを確認することができます。
5位は胆管(肝内外)胆石・胆管炎に対し、身体への負担が少ない内視鏡的治療を行っています。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸
手術なし 処置1あり
167 2.18 2.03 0.00 61.07 PSG
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎
手術なし 処置2なし
定義副傷病なし
15 23.33 20.84 0.00 82.07
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
手術なし 定義副傷病なし
13 13.77 12.58 0.00 82.31
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)
手術なし 処置2なし
定義副傷病あり
A-DROP スコア2
18.27
050130xx99000x 心不全 手術なし
処置1なし 処置2なし
定義副傷病なし
17.71

特徴

呼吸器内科では、終夜睡眠ポリグラフィー検査(睡眠時無呼吸症候群を診断する検査)が1位となっています。続いて肺炎による入院が多く、加齢により嚥下機能が低下することで発生する誤嚥性肺炎や細菌などによる急性肺炎があります。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 処置1なし 10 12.90 12.55 0.00 74.90
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 9.00
100100xx99x0xx 糖尿病足病変
手術なし 処置2なし
21.67
080100xxxx0xxx 薬疹,中毒疹 処置1なし 10.81
04026xxx9900xx 肺高血圧性疾患
手術なし 処置1なし
処置2なし
14.51

特徴

皮膚科では、膿皮症 手術なしの症例が上位を占めています。
その他、皮膚科の一般的疾患について幅広く入院対応しています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患
手術あり 片眼
138 2.00 2.78 0.00 76.08
020220xx97xxx0 緑内障
手術あり 片眼
12 2.00 7.53 0.00 80.58
020240xx97xxx0 硝子体疾患
手術あり 片眼
5.95

特徴

眼科では、白内障に対する水晶体再建術が、138症例あります。
基礎疾患がある方などが手術目的で他院より紹介されることが多くあります。

糖尿病・内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性
ケトアシドーシスを除く)
(末梢循環不全あり)
手術なし 処置2_1あり
定義副傷病あり
85歳未満
14 13.57 14.74 0.00 72.00
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎
手術なし 処置2なし
定義副傷病なし
11 11.09 20.84 0.00 83.00
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性
ケトアシドーシスを除く)
(末梢循環不全なし)
手術なし 処置2_1あり
定義副傷病なし
85歳未満
13.72
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性
ケトアシドーシスを除く)
(末梢循環不全なし)
手術なし 処置2_1あり
定義副傷病あり
85歳未満
15.20
0400801499x013 肺炎等
(市中肺炎かつ75歳以上)
手術なし 処置2なし
定義副傷病あり
A-DROP スコア3
19.72

特徴

糖尿病・内分泌内科では、生活習慣病による2型糖尿病の教育入院が上位を占めています。
糖尿病で通院中の方が、誤嚥性肺炎などの他疾患に罹患した場合でも当科にて治療を行っています。
また、整形外科やリハビリテーション科などの糖尿病患者さんの血糖コントロールにも関わっています。

初発5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数

▶︎ファイルをダウンロード

説明

2019年度の初発の5大癌(胃癌・大腸癌・肝癌・肺癌・乳癌)のUICC病期分類ならびに再発患者数を集計しました。

定義

2019年度のDPC様式1データを用い、がん病期分類はTNM分類から集計してしています。
当院において、がんの診断、初回治療を行った場合を「初発」として病期分類ごとに集計し、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」として集計しています。

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 19 - - - - - 1 8
大腸癌 - - - - - - 1 8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

特徴

胃癌、大腸癌の診断・治療が全体の7割以上を占めています。
その中でも身体への負担負担が少ない内視鏡的手術に力を入れています。特に胃癌ではステージⅠの患者さんが多く、内視鏡的な早期治療を行っています。
また必要時には連携している専門病院に紹介をしています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

▶︎ファイルをダウンロード

説明

普段の生活の中で罹患した肺炎の患者について、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。

定義

入院のきっかけとなった傷病名及び最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(DPCコード040080)であるものを集計しています。
※市中肺炎には、ウイルス性肺炎(DPC040070)、誤嚥性肺炎(DPC040081)、インフルエンザ等は含みません。

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 15 7.73 56.33
中等症 81 15.94 82.30
重症 14 31.71 86.86
超重症 - - -
不明 - - -

特徴

中等症の症例数が多く全体の6割以上占めています。
年齢が高くなるほど重症度が高くなり、平均在院日数も長くなる傾向にあります。

脳梗塞の患者数等

▶︎ファイルをダウンロード

説明

脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しています。

定義

ICD10コードの上3桁で、脳梗塞の症例を集計しています。
(ICD10コードとは国際疾病分類に基づいて様々な傷病名が分類されコード化されたものです)

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 21 55.57 76.48 13.04
その他 - - - -

特徴

当院では、多くの方が発症から3日以内に入院、治療しています。
急性期治療後は当院の回復期リハビリテーション病棟と連携し一貫した治療を継続しています。
平均在院日数は、急性期~回復期リハビリテーション病棟の入院期間も含めた日数となります。
前年度同様、転院率は低く維持され、多くの方がご自宅等へ退院されています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

▶︎ファイルをダウンロード

説明

診療科別に手術件数の多い上位5術式について集計しています。
患者用パスは一部をリンク掲載しました。掲載がない場合は空欄となっていますが、当院ではクリニカルパスに力を入れ111件(2020年9月現在)稼動しています。

定義

手術術式の点数表コード(Kコード)により集計しています。(輸血関連は除外)
術前日数と術後日数は症例数の平均となっています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股)(膝) 127 2.82 32.14 0.00 73.87
K0483 骨内異物(挿入物を含む)
除去術(下腿)(前腕)
118 0.25 2.31 0.00 62.08
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術
(後方摘出術)
70 3.50 13.97 0.00 53.41 MED
K0461 骨折観血的手術(大腿)(上腕) 67 5.21 46.63 0.00 81.97
K0542 骨切り術(下腿) 65 1.40 39.12 0.00 66.74

特徴

手術後のリハビリテーションは当院の回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟と連携して行っています。入院から手術そして退院まで一貫した治療を継続します。そのため他院等への転院率は「0」となっています。
また、身体へ負担をかけない治療を目指し、関節鏡をはじめとする低侵襲手術に積極的に取り組んでいます。神経を圧迫することで痛みやしびれ・麻痺が生じる椎間板ヘルニアに対する内視鏡手術、使い過ぎや外傷による肩腱板断裂に対する内視鏡手術も多く行われています。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 37 0.65 4.89 2.70 70.38 PCI
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術
(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ)
26 2.04 3.08 0.00 62.00
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 23 0.35 3.57 0.00 75.70
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 14 5.36 24.29 0.00 81.71
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 10 2.00 2.50 0.00 63.70

特徴

循環器内科では、経皮的冠動脈ステント留置術と主に下肢の血管拡張術(ステント留置)が大半を占めています。どちらも詰まっている、もしくは詰まりかけた血管を広げる治療です。カテーテル検査を行い、狭い血管がどこにあるか診断し、狭い部分をバルーン(風船)で広げた後に、ステントという小さいメッシュ状の金属の筒を血管に留置します。
脈が速くなる頻脈性不整脈に対する、経皮的カテーテル心筋焼灼術も行っています。血管を通して心臓までカテーテルを進め不整脈の原因となる場所を高周波通電によって治療します。

外科、消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm未満)
340 0.43 1.09 0.88 65.21
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm以上)
27 0.15 1.85 0.00 63.30
K6532 内視鏡的胃、
十二指腸ポリープ・粘膜切除術
(早期悪性腫瘍粘膜下層)
20 1.00 6.20 0.00 72.15
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 16 0.88 3.19 0.00 61.81
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 16 2.38 12.38 12.50 74.56

特徴

外科、消化器内科では、一泊二日の内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が大半を占めています。
内視鏡胆道ステント留置術は胆管が狭くなり胆汁の流れが悪くなったときに、胆道にステントという管を入れ胆汁の流れをよくする治療です。
早期胃がんに対する内視鏡的胃粘膜切除術は手術件数が年々増加しています。
他にも身体への負担の少ない、内視鏡を使った治療を積極的に行っています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術
(眼内レンズを挿入)(その他)
139 0.00 1.00 0.00 76.12
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 12 0.00 1.00 0.00 80.58
K279 硝子体切除術 - - - - -
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)
(縫着くレンズ挿入)
- - - - -
- - - - - - -

特徴

眼科では、水晶体再建術(白内障手術)が大半を占めています。
水晶体再建術は白内障に対して行います。黒目(角膜)に小さな作業用の窓を作り、水晶体を超音波で砕きながら吸引し、水晶体の代わりとなるレンズ(眼内レンズ)を入れピントの合う状態にします。入院当日に手術を行い、翌日経過を観察し退院の一泊二日入院となります。また、患者様の状態にあわせ、外来での日帰り白内障手術も行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

▶︎ファイルをダウンロード

説明

医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロになりえないものの、少しでも改善すべきものとして重篤な疾患である播種性血管内凝固(DIC)、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症について発症率を集計しました。

定義

2019年度に当院を退院した患者数3297人について、それぞれの疾患の発生率を求めています。
「入院契機と同一」とは、入院した時に播種性血管内凝固症候群等と診断された患者、「入院契機と異なる」とは、入院した時は別の疾患で入院したがんその後に播種性血管内凝固症候群等を発症し、もともとの疾患の治療より播種性血管内凝固症候群等の治療に時間を要した患者としています。

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・術後の合併症 同一 10 0.30
異なる - -

特徴

4疾患の中では、手術・術後の合併症が一番多いですが、その発生率は前年度(0.45%)と比べ低下しています。その多くは退院後の感染症や下血等によって再入院となる症例となっています。

[ 更新履歴 ]

2016/09/28
公開開始
2016/11/08
診療科順序変更
2016/11/11
患者数の10未満を-表記
2016/11/18
ダウンロードファイルを更新
2017/09/27
平成28年度情報更新、ダウンロードファイル更新
2018/09/28
2017年度情報更新、ダウンロードファイル更新
2019/09/27
2018年度情報更新、ダウンロードファイル更新
2020/09/23
2019年度情報更新、ダウンロードファイル更新

病院について

わたしたちが目指すこと 当院の特徴 概要・実績 院内のご案内 勝木グループ

外来受付時間

月〜金曜
午前:8:00~11:00
(診察開始:9:00)
午後:12:45~15:00
(診察開始:14:00)
第1・3土曜
午前:8:00~11:00
(診察開始:9:00)
 
※受付時間は診療科によって異なります。
詳しくは外来受付時間をご覧ください。

休診日

日曜・祝日、第2.4.5土曜、第1.3土曜の午後

お問い合わせ

0761-47-1212

FAX : 0761-47-1941

〒923-8551
石川県小松市八幡イ12番地7