診療科紹介Department introduction

整形外科

科の紹介

首・肩・腰の痛み、手足のしびれ、関節の痛みや運動障害に対して、診断から手術・リハビリテーションまで一貫して治療を行います。スポーツ障害からの復帰支援や人工関節に頼らない関節再建にも積極的に取り組んでいます。


医師


特徴

関節外科、脊椎外科、スポーツ外来、リハビリテーションを中心に、患者様の身体に負担をかけない治療を目指し、手術は関節鏡をはじめとする低侵襲手術を多く採用しています。
また、リウマチの外来化学療法にも積極的に取り組んでいます。さらに、隣接する健康増進施設である公益財団法人北陸体力科学研究所ダイナミックと連携し、関節や脊椎といった局所の治療のみならず、その背後にある運動習慣や生活習慣の改善に努めています。

スポーツ外来

スポーツでケガをされた方の診察を行う専門外来です。 最新知見に基づく治療、関節鏡を駆使しての身体に負担の少ない手術を行います。
ケガ等のマイナス面をなくし、体力づくりや筋力強化などプラス面を高めるために、隣接する公益財団法人北陸体力科学研究所スポーツコミュニティダイナミックと連携して栄養指導、休養、効果的なトレーニング法を提案します。

スポーツ外傷とスポーツ障害

「スポーツ外傷」ころんで捻ったり、タックルされて打ったといったいわゆるケガのことで、骨折・捻挫などがこれにあたります。
「スポーツ障害」同じ動作をくり返して身体の一部分に何度も力がかかる、つまり使いすぎによって起こる障害のことです。腱鞘炎などがこの代表です。

競技力向上

スポーツは記録や技への挑戦です。「根性」だけでは、活躍は期待できないばかりか、かえって新たな障害を生むことになりかねません。スポーツ医学はケガなどの「マイナス面をなくすこと」の他、体力づくりや筋力強化などの「プラス面をより高める」ことにも関係しています。

メディカルチェック

スポーツ選手としての強いところや弱いところを調べます。
これには内科的な検査も重要で、心電図測定や、血液検査を行うこともあります。 整形外科では筋肉の強さや関節の柔軟性・安定性のチェックの他、骨格の形を診ることも大切にしています。

治療からスポーツ復帰へ

ケガから回復するとき、ふつう病院での治療は日常生活が十分行える程度で終了します。
しかし、スポーツ選手にとって大切なのは、再びプレーするための筋力回復やコンディションづくりです。
当院では理学療法士が様々な手技等を用いて、運動機能回復を促したり、筋力の回復を定量的に測定して運動訓練に役立てています。

診察日・診察時間について

ケガの部位によって適切な医師の診察日をご案内させていただきます。
事前に電話でお問合せください。


各項目をクリックすると診療科詳細ページが表示されます。