診療科紹介Department introduction

リハビリテーション科

科の紹介

脳、脊髄、筋肉、関節などに起因する様々な障害を軽減するため、総合的なリハビリテーション・アプローチを実施しています。
理学療法、作業療法、言語療法に加え、食事、排泄などの日常生活上重要な機能に対し、医学的アプローチを行っています。
また、生活のために必要な装具、自助具、車椅子などについての相談や、家庭での介護、家屋の改修に関する相談にも応じています。
また、小児整形外科(外来)を副院長 西村一志が担当しています。


医師


特徴

脳卒中、脊髄損傷、リウマチ疾患、神経筋疾患などのため主に運動麻痺を中心とした後遺障害があり、そのために家庭生活や社会生活が十分にできないという患者様に対して、各職種のスタッフがチームワーク体制で治療に臨んでいます。


関連情報

患者様のリハビリテーションをチームで支援
ニーズに的確、迅速に応えて安全な医療を提供

リハビリテーションとは新しい人生の創造

入院患者様ができるだけ良い状態で早く退院できるよう、様々な専門職が協働して患者様のリハビリテーションを支援しています。医師、看護師、介護福祉士、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士などがチームとなり、患者様のニーズに的確かつ迅速に応え、安全な医療を提供しています。

リハビリテーションでは、運動療法や言語療法、日常生活活動の練習などによって、その障害をできるだけ軽減させることが基本となります。しかし、たとえ障害が残ってしまったとしても、その状態で生きる新たな術を磨き、健康で生きがいのある人生を送っていけることが大切です。

本来、リハビリテーションとは、人としての尊厳や価値、素晴らしさを見出すことであり、幸せを創ることであるとも言えます。そして、その主役は患者様自信であり、それを支えていくのが私たちリハビリテーション・サポート・チームです。

入院リハビリテーションと地域連携

病気やケガの直後は、その治療を中心に行いますが、体力や生活能力が低下しないよう、できるだけ早い時期からリハビリテーションを開始します。
その後、心身や生活の障害のために退院が難しい場合には、回復期リハビリテーション病棟に移り、集中的なリハビリテーションを行います。

患者様のリハビリテーションのためには、まずば疾病の状態や体調をより健全な状態に保つことが大切です。(「体調の健全化」)。
そして、心身の力や、生活を行う能力を高め(「身体機能の向上」)、それを社会生活で実行できるよう実際的な練習や生活環境の調整などを行います(生活への適応)。
患者様が習得した能力を活かし、活動的な生活をおくり続けられるよう必要な介護や支援も行います(「生活遂行の支援」)。

私たちは、これらのことを患者様の状態や要望に合わせて、チームとして行っていきたいと思っています。
退院前には、自宅で生活するための家屋補修の助言や外出練習などを行い、安心で安全な在宅生活のための支援をします。
退院時には、ご自宅近くの診療所や介護サービス事業所などをご紹介させていただき、継続的な健康管理が行えるよう努めています。

会員制健康増進施設ダイナミックとも連携しており、患者様の健康増進にもお応えします。

病棟ごとの専門チーム

当院では、病棟ごとの職員配置であるため、各スタッフの連携が良く、機能的なチームとなっています。また、疾病に応じた専門技能を高めやすいことも利点です。

運動器リハビリテーションチーム 変形性関節症、肩関筋腱板損傷、骨折、腰椎椎間板へルニア
脳血管疾患リハビリテーションチーム 脳梗塞、脳出血、脳外傷、脳炎、脳腫瘍、神経筋疾患など
心臓リハビリテーションチーム 心筋梗塞、狭心症、心不全、末梢動脈閉塞疾患など

各項目をクリックすると診療科詳細ページが表示されます。